胃腸肛門ランド

    ー Gastrointestinal anal land ー

食道癌は治りにくい!

こんにちは、胃腸肛門ランドです!

今回のテーマは食道癌。その名からどこにできる癌なのかは想像ができますね。
もちろん、喉の奥から胃の入り口までの間に出来る癌が食道癌です。
この癌は日本人に多く、アルコールや熱いものや刺激物などの食事に関係しているといわれています。また、タバコにも大いに関係があるものとされています。
食道癌の多くは「扁平上皮癌」というタイプで、食道の粘膜から発生するものです。

年齢的には50歳以上の高齢者に多く、女性よりも男性の方が4~5倍の発生がみられます。
治りにくい癌として知られ、早期癌で手術をしても5年の生存率(≒完全治癒率)は80%です(食道癌全体では約20%です)。

食道癌の症状は、「嚥下(飲み込むこと)困難」「嚥下時の胸部痛や灼熱感」「体重減少」です。
食道癌が大きくなると食事が通過しなくなりますので、食べてもすぐに戻すことになります。
転移によって声がかれたり、全身の痛み症状なども出てきます。

さて、「治りにくい」と言われる食道癌を、治る段階で発見するにはどのようにすればよいのでしょうか?
ベストな選択は『胃内視鏡検査(胃カメラ)による食道癌の早期発見』です!
先ほど挙げた症状はいずれも、食道癌が既に進行してしまってから出現する症状です。
つまり、無症状(=進行度が低い)の段階で胃内視鏡検査(胃カメラ)を行うしかありません。

少し専門的になりますが、癌は食道の粘膜(=一番表面の膜)から発生するので、精密な胃カメラを行えば、いち早く発見することにつながります。
特に、NBI(狭帯域光観察:画面に映る色を変えて病変を見つけやすくする)を用いることは早期発見に有用であることが分かっています。

お酒やたばこが好きな人にはドキっとするお話だったかもしれませんが、40歳を超えても一度も内視鏡検査をしたことがない方など、定期的に胃内視鏡検査を受けるようにしましょう!

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)